ヨコハマカクテルコンペティション

ヨコハマカクテルコンペティション2016開催にあたり

〜 カクテルで奏でる横濱ヒストリー 〜

今から157年前、日本は横浜の地から近代文明の扉を開きました。
開港の翌年には早くも外人居留区70番に『横浜ホテル』(中区山下町70番地。レストランかをり付近)が開業し、同時に我が国初のバーが誕生しました。
その後、洋酒販売、ビール製造やビヤホールの開業、製氷機製造、今もなお世界中で愛飲されるカクテルの創作など、横浜は我が国における洋酒飲料文化の故郷であり聖地であると言っても過言ではありません。

また横浜という街は、西洋文化の入り口だった為にお酒の文化と共に西洋音楽もいちはやく浸透した街でもあります。お酒の文化と音楽の文化は、古来より深い繋がりのある歴史ある文化です。横浜にはクラシック、ジャズにはじまり、ロック、ソウル、レゲエ、ヒップホップと様々な音楽が街の時代と共に発展し、その時々の流行の音楽が常に流れていました。

今年も、『横浜芸術アクション事業 音楽部門の"横浜音祭り2016"』が開催され、「ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン」、「ヨコハマ アコースティック フェスティバル」、「横濱JAZZ プロムナード」、「日本丸吹奏楽演会」、「ウィーン少年合唱団」、「横浜ゴスペル祭」、など、様々な音楽の祭典が開催される舞台にもなっています。
もちろん、こうした音楽祭だけでなく、街にはミュージックバーやジャズ喫茶、ストリートミュージックなど、音楽は横浜の日常の風景に溶け込んでいます。

開港から明治時代にかけ、横浜は様々な西洋文化を吸収する非常に活気ある街でした。
音楽も例外ではなく、軍楽隊のマーチから始まり、外国人居留地における室内楽さらに合唱、オーケストラ等、本格的な質の高いコンサートが開催されておりました。
それらを物語るように横浜居留地において、音楽家クリスチャン・ワーグナーが、室内楽やオーケストラを紹介する等の文化活動を行い、その活動は当時の英字新聞 『ジャパン・パンチ』(1876年10月号)にも掲載されていました。大作曲家リヒャルト・ワーグナーが欧州で楽劇「ニーベリングの指輪」の初演をし、大好評を博した時期とも重なっており、当時の横浜ではすでに質の高い洋楽演奏が日常的に行なわれていたことを理解することが出来ます。これは日本のどこよりも早い時期のことで、日本の近代音楽の歴史も横浜から始められたと言えます。

音楽とカクテルは似ていて、音楽(サウンド)も、お酒もジャンルの壁を取り除き、日々新しい音楽(サウンド)やカクテルが生まれています。
常に新しい文化を取り入れ続けて来た、まさに『 横浜 』らしい芸術(アート)です。

音楽芸術(サウンドアート)も人間の五感すべてで創り出すものです。バーテンダーも同じように、目(視覚)・鼻(嗅覚)・口(味覚)・耳(聴覚)・手(触覚)の感性を研ぎ澄まし、カクテルを創りあげます。
それは、音楽家・美術家・舞踏家・華道家・茶道家などの芸術家(アーティスト)には、すべてにあてはまることでしょう。

私たちは、この歴史と先人が育んできた芸術の魂を大いなる資産として継承すると共に、新たな未来へ向け、カクテルを通じて横浜の歴史・文化を継承することを信念に、新たな時代への航路へと進み、より複合的な文化を擁するバイタリティをもって発展し、また国際的な変化にもいち早く対し、新しいものに対する許容性や寛容性が、新たな時代の"ネオ"クロスオーバーを生み出すことでしょう。
日本のパイオニアとしての役割を果たす『 横浜 』からアジア、世界へと発信させていきたいと強く願います。

そしてここ『 横浜 』で、カクテルのアーティストが奏でるシェイカーのサウンドから新しい歴史(ヒストリー)が生まれることを夢みています。

平成28年4月吉日
第10回記念大会
ヨコハマカクテルコンペティション2016実行委員会一同

お知らせ

2016年4月1日
大会概要、エントリー公開しました。
2015年7月29日
大会結果更新しました。
2015年5月9日
配布しております応募用紙におきまして、『5月17日(月)必着』と記載がございますが、『5月17日(日)必着』が正しいものとなります。
2015年4月10日
大会概要、エントリー更新しました。
2014年7月28日
大会結果更新しました。
2014年4月10日
大会概要公開しました。
2013年10月30日
フォトギャラリー公開しました。
2013年10月25日
動画公開しました。
2013年07月30日
「大会結果」更新しました。
2013年07月10日
ヨコハマオリジナルカクテルナイト2013概要ページ公開しました。
2013年06月15日
タイムテーブル公開しました。
2013年大会パンフレット表面公開しました。
2013年05月31日
選手エントリーリスト公開しました。
2013年04月01日
大会概要公開しました。
2013年03月08日
「大会結果」更新しました。
2012年08月04日
「大会結果」更新しました。
2012年04月11日
大会応募用紙をアップロードしました。
2012年04月07日
「大会概要」、「エントリー」更新しました。
2010年07月08日
「2010年大会結果」更新しました。
2010年04月10日
「大会概要」、「エントリー」更新しました。
大会応募用紙をアップロードしました。
2009年10月11日
「大会結果」更新しました。
2009年08月19日
「大会結果」更新しました。
2009年07月09日
「大会概要」更新しました。
大会パンフレットをアップロードしました。
2009年04月15日
「大会概要」、「エントリー」更新しました。
大会応募用紙をアップロードしました。
2009年02月08日
公式WEBサイト公開しました。